ポルトガル旅行記

ポルトガル旅行6日目

ポルトガル旅行6日目:ナザレの心の温まる朝食

スポンサード リンク

 市場をぶらぶらしてきたけど、まだ時間があった。しかし、朝早くから外を歩いていたら、体がすっかり冷えてしまった。体を温めたかったので、カフェを探して入ることにした。そういえば、一度も入ったことはなかったが、私たちが泊まったペンションの1階では、カフェをやっているのだ。何となく入る機会がなかったが、バスターミナルの目の前でもあるし、ここでゆっくりすることにした。

 カフェの中に入ると、朝早いにも関わらず、けっこう沢山の人で賑わっていた。バスターミナルの目の前ということもあるのだろうか。地元の人も多かった。

 私たちがナザレに着いた日、ペンションの部屋の説明をしてくれた大家のおばちさんがカフェで働いていた。どうやら家族でペンションとカフェを切り盛りしているのだろうか。息子夫婦と思われる若い夫婦と一緒に働いていた。おばさんは、私たちを見ると笑顔で迎え入れてくれた。

ガラオン
ガラオン
 私たちはここで、ガラオンというホットミルクコーヒーを頼んでみた。私たちの周りに座っている地元の人たちも、みんなこれを飲んでいて、湯気が出ている温かそうなミルクコーヒーはとてもおいしそうだった。一杯0.9ユーロ。

 ガラオンは、大き目のグラスに入っていて、ミルクたっぷりのコーヒーだ。それに砂糖を入れて飲むと、とてもおいしかった。さっぱりした味なので、胃にもやさしそう。外を歩いて冷えた体に温かいミルクコーヒーがしみこんでいった。

 おばさんは、私たちが注文をする時、言葉がわからない私たちをとても気遣ってくれた。というか、お店にいる間、私たちのことをずっと気遣ってくれているのだ。私がメニューを見ていたりすると、わからないことがないか気遣ってくれる。いかにもお母さんらしい風貌とその態度に、本当に私たちのナザレのお母さんのような気がしてくるのであった。

 ミルクコーヒーを飲んでいるうちに、お腹も大分すいてきた。周りを見ると、分厚いトーストをおいしそうに食べている人が多い。焼きたてのトーストは、いかにもおいしそうだったので、私たちもそれを頼んでみることにした。とにかく分厚くて大きなパンだったので、1つを2人で分けて食べることにした。壁にかかっているメニューを見て、トーストを探した。ガイドブックに“普通のトーストはトラーダという”と書いてあった。それを探した。

 そのメニューを見ていると、またあのおばさんが「何か食べたいのかい」とでも言いたげに、私に近づいてきた。私が通じるのかどうかわからないポルトガル語で「トラーダ1つ」と注文した。おばさんは、「1つでいいのかい?」みたいなことを聞いてきたので、私が「そうだ、そうだ」と頷くと、おばさんは頷いてカウンターの中にいる息子(と思われる)に大声で注文してくれた。“良かった、無事に朝食にありつける”とおばさんの親切に感謝し、席でトーストを待った。

 すぐに焼きたての分厚いトーストが出てきた。しかし、よく見ると何かが違う。そうだ!他の人よりもさらに分厚いトーストなのだ!それもそのはず、トーストが2枚重ねられていたのだ。

トラーダ
トラーダ

 これは、果たして私の注文の仕方が悪かったのか、はたまたおばさんの優しいサービスなのか。語学力のない私たちには、聞き返す術もなく、とりあえず出されたトーストをほおばった。

 トーストは、その分厚さにも関わらず、さっくりしとしていて、バターの味が期待通りとてもおいしい!!甘いガラオンととても合っていた。まさに西洋で食べる朝食といったイメージのものだった。けっこう大きなトーストだったが、あっという間に平らげてしまった。食後少しゆっくりして、9時ちょっと前になったので、そろそろペンションの部屋をチェックアウトし、バスターミナルに行くことにした。

 おばさんに朝食のお会計を頼むと、トーストは1人前の値段だった(1.1ユーロ)。やはりおばさんのサービスだったらしい。おばさん、温かい心遣いとおいしい朝食を本当にありがとう!!ペンションに泊まっただけの私たちをまるで娘を見るような目で見てくれて、本当に嬉しかったよ。おばさんをはじめ、ナザレの人たちの温かさは絶対に忘れない。これらの思いを目一杯つめて、私たちは心からおばさんに「ムイト・オブリガーダ!!(どうもありがとう!!)」と力をこめて言った。私たちの語学力では、これしか私たちの気持ちを伝える言葉はなかった。おばさんに私たちの気持ちが伝わっているといいな。


スポンサード リンク



ポルトガル旅行1日目
ポルトガルに至る道  成田空港の展望デッキ  ルフトハンザ航空  格安航空券の謎  ミュンヘンのフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港  やっとリスボンに到着  ムンディアルホテル 

ポルトガル旅行2日目
ムンディアルホテルの朝食  バイシャ地区  リスボンの天気  サン・ジョルジェ城  ポルトガル料理  リスボンの市電でベレン地区へ  世界遺産のジェロニモス修道院  パステイス・デ・ナタ  発見のモニュメント  ベレンの塔  魚介類のおいしいポルトガル 

ポルトガル旅行3日目
ムンディアルホテル・延泊  幻のロシオ駅?!  初めてのポルトガルの地下鉄  シントラの町へ  スリル満点のドライブでロカ岬へ  雷に感電?!  ポルトガルで中華料理 

ポルトガル旅行4日目
ナザレに向けて出発!  消えたバスターミナル  ナザレに至る道  ナザレのペンション  美しいナザレの町  シーフードレストラン、マール・ヴラヴォ  シティオ地区に通じるケーブルカー  ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会  メモリア礼拝堂  ナザレの夕日  ナザレ風カルディラーダ 

ポルトガル旅行5日目
ナザレの市場  ナザレの伝統衣装  パシュティシュ・デ・バカリャウ  たび猫、波にのまれる?!  ミゼリコルディア展望台  ナザレのショッピング  絶品のカタプラーナ  ナザレの素敵な毛糸製品  シティオ地区から眺める夜景  ナザレ最後の夕食 

ポルトガル旅行6日目
ナザレ出発の朝  ナザレの心の温まる朝食  さらば、ナザレよ!また来る日まで  再びリスボンの町へ  バイシャ地区の小さなレストラン  バイロ・アルト地区  ケーブルカーのビッカ線  サンタ・ジュスタのエレベーター  リスボンのクリスマスイルミネーション  ポルトガル、最後の夜 

ポルトガル旅行7日目
リスボン空港へ  ポルトガルからフランクフルトへ  フランクフルトから成田へ 

ポルトガル豆知識
4月25日橋  サン・ロケ教会  ファティマの奇跡 

ポルトガル関連情報
ポルトガル料理店情報

リンク
ポルトガル関連リンク 

頂いたメール
Tiger Horse さんのポルトガル旅行報告
とても嬉しかったメール(2008/1/1〜)
とても嬉しかったメール(2007/1/1〜12/31)
とても嬉しかったメール(2006/1/1〜12/31)

メールお待ちしております!
感想などいただけると嬉しいです

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記