ポルトガル旅行記

ポルトガル旅行4日目

ポルトガル旅行4日目:ナザレに至る道

スポンサード リンク

 バスに乗ってしばらくして落ち着いて見渡してみると、バスはけっこう大きくきれい。乗客はとても少ない。座席番号みたいなものがチケットにも座席にも書いてあるが、誰もそれを守っていないらしい。私たちも適当なところに座った。

 それからは安心して、ナザレへの道を楽しんだ。バスは高速道路を走り、窓の外の景色はすぐに郊外らしい景色となった。やはり日本とは全然違う景色だ。

バスからの風景
バスからの風景

 まず、日本ほど高い木が少ない気がする。なだらかな丘が多い景色となっても、日本のように木がうっそうとしていない。気候のせいなのか。とても不思議な気がした。

 道の途中で風力発電のようなとても巨大な風車みたいなものを沢山みかけた。

風車?
風車?

 その巨大さが怖いくらいであった。こちらでは風力発電が盛んなのか、と思いながらそれらの風景を眺めていた。遠く空に雨雲が見え、時々窓にぽつぽつと雨があたることはあったものの、ほとんどが良い天気の中をバスは進んでいった。

バスから見えたオビドス
バスから見えたオビドス
 途中オビドスという町の近くを通り過ぎた。私が今回行きたかった町のうちの1つだ。オビドスは、城壁に囲まれた小さな村で、高速道路から見たオビドスの町はやはり小さかった。オビドスの歴史は、ローマ時代にまでさかのぼるらしい。とても古い町で、今でも中世の町並みを残していて、「谷間の真珠」と呼ばれるほど美しい町だそうだ。1200年代にこの地を訪れた女王がこの町にすっかり魅了され、1834年までオビドスは女王の直轄地だっという。

 ガイドブックやインターネットに載っているオビドスの写真は、なるほど美しい。いかにも私好みの町だ。ぜひぜひ行ってみたい町なのだが、まずは当初の予定通りナザレへ向かった。オビドスについては、帰りに時間があったら寄ってみることにした。

 途中で眠くなり、ほんの少しの間眠ったものの、あとはずーっと窓の外の景色を眺めていた。

 1時間ちょっとすると、ちょっと大きな町に着いた。けっこう賑やかで、町中の道も車で混んでいる。カルダス・ダ・ライーニャという町に経由すると書いてあったから、多分ここがそうだろう。

カルダス・ダ・ライーニャ
カルダス・ダ・ライーニャ
 カルダス・ダ・ライーニャとは「王妃の湯治場」という意味らしい。旅の途中で温泉が気に入った王妃が1485年に鉱泉病院を設立したのだという。他に、この町は陶器でも有名らしい。バスは、この町のバスターミナルでほとんどの乗客を降ろすと、またすぐにナザレに向かって出発した。バスには私たちを含めて数人しか残っていない。やはり冬場にナザレに行く人は珍しいのか。

 しばらく走ると、またすぐにかわいらしい小さな町に着いた。さっきの町ほどは大きくない。どこの町なのか標識とかないか探したが、結局どこの町だかわからなかった。ここでまた一人乗客が降り、いよいよバスの中は寂しくなった。ここからナザレはもうすぐらしい。道路にナザレの標識も出てきた。バスは、かなり田舎道らしきところを抜けていく。田舎の道というか農道みたいな細い道だ。そして、周りは緑の林ばかりで、本当に海辺の町に近づいているとは思えない。いったいナザレはどんな町なのだろうと、想像だけが広がっていった。

いよいよナザレ!
いよいよナザレ!
 林を抜け、「あ!海が見えた!」と思ったら、遠くに沢山の建物が見えてきた。どうやらあれがナザレらしい。そして、町が近づくにつれ、海に突き出したものすごい断崖絶壁と、その横に思ったよりも大きな町並みが見えてきて、私たちの興奮もいよいよ高まってきた。私たちは、かなり小さな町を想像していたが、どうやらナザレは思ったよりも大きな町であるらしいことがわかった(大きいといっても大都会ではないが・・・)。

 ナザレは、断崖絶壁に向かって海岸線が伸びており、その海岸線に沿って広がった町であった。白くて小さな建物が密集したかわいらしい町。思ったよりもひなびた感じはなく、賑やかそうではあるがこじんまりした感じの町。目の前に広がる海岸と海がとても美しい。夏はさぞかし人で賑わうことが予想できる。海が大好きな私は、一目見てナザレの町を気に入ってしまった。


スポンサード リンク



ポルトガル旅行1日目
ポルトガルに至る道  成田空港の展望デッキ  ルフトハンザ航空  格安航空券の謎  ミュンヘンのフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港  やっとリスボンに到着  ムンディアルホテル 

ポルトガル旅行2日目
ムンディアルホテルの朝食  バイシャ地区  リスボンの天気  サン・ジョルジェ城  ポルトガル料理  リスボンの市電でベレン地区へ  世界遺産のジェロニモス修道院  パステイス・デ・ナタ  発見のモニュメント  ベレンの塔  魚介類のおいしいポルトガル 

ポルトガル旅行3日目
ムンディアルホテル・延泊  幻のロシオ駅?!  初めてのポルトガルの地下鉄  シントラの町へ  スリル満点のドライブでロカ岬へ  雷に感電?!  ポルトガルで中華料理 

ポルトガル旅行4日目
ナザレに向けて出発!  消えたバスターミナル  ナザレに至る道  ナザレのペンション  美しいナザレの町  シーフードレストラン、マール・ヴラヴォ  シティオ地区に通じるケーブルカー  ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会  メモリア礼拝堂  ナザレの夕日  ナザレ風カルディラーダ 

ポルトガル旅行5日目
ナザレの市場  ナザレの伝統衣装  パシュティシュ・デ・バカリャウ  たび猫、波にのまれる?!  ミゼリコルディア展望台  ナザレのショッピング  絶品のカタプラーナ  ナザレの素敵な毛糸製品  シティオ地区から眺める夜景  ナザレ最後の夕食 

ポルトガル旅行6日目
ナザレ出発の朝  ナザレの心の温まる朝食  さらば、ナザレよ!また来る日まで  再びリスボンの町へ  バイシャ地区の小さなレストラン  バイロ・アルト地区  ケーブルカーのビッカ線  サンタ・ジュスタのエレベーター  リスボンのクリスマスイルミネーション  ポルトガル、最後の夜 

ポルトガル旅行7日目
リスボン空港へ  ポルトガルからフランクフルトへ  フランクフルトから成田へ 

ポルトガル豆知識
4月25日橋  サン・ロケ教会  ファティマの奇跡 

ポルトガル関連情報
ポルトガル料理店情報

リンク
ポルトガル関連リンク 

頂いたメール
Tiger Horse さんのポルトガル旅行報告
とても嬉しかったメール(2008/1/1〜)
とても嬉しかったメール(2007/1/1〜12/31)
とても嬉しかったメール(2006/1/1〜12/31)

メールお待ちしております!
感想などいただけると嬉しいです

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記