ポルトガル旅行記

ポルトガル旅行2日目

ポルトガル旅行2日目:魚介類のおいしいポルトガル

スポンサード リンク

 さて、そろそろ夕食の時間である。昼間の魚がおいしかったので、夜ももちろん魚介類を食べることにした。ガイドブックによると、この近くに“ポルトガル”というレストランがあり、魚料理が比較的安く食べられると書いてあったので、そこに行くことにした。

 『店頭に生簀がある』と書いてあったので、それを目指して探した。しかし、生簀があるお店はすぐ見つかったのものの、看板を見るとどうやら“ポルトガル”というレストランではなさそうだ。さんざんうろうろして探したが、やはり地図と照らし合わせても、そのお店がポルトガルというレストランらしい。よくよく看板を見ると、小さく“ポルトガル”と買いてあったので気づかなかったのだ。なんともわかりにくかった。

 そこに入ろうとしたが、大きな生簀があって、高そうなロブスターがいっぱいいたり、何となく高級そうな感じのするレストランだ。メニューを見ても、やはりちょっと高めだ。そのためそこは入らずに、もっと庶民的なレストランを探してみることにした。そしてその辺のレストランを見ながら歩いていたら、また雨が降ってきた。昼間入った“ジョアン・ド・グラン”のレストランの斜め前にあるレストランが、こじんまりとしていて良さそうな雰囲気だ。しかも、人がけっこう入っている。人がたくさんいるレストランはおいしいに違いない。雨に濡れたくないので、もうこれ以上迷わずに、そこに駆け込んでしまった。

 入ってみると、地元客らしき人たちがたくさんいた。カウンターで近所のおじさんらしき人が、お店の人と話しながら飲んでいる。“これはいけるかも”と思った。メニューを見ると、昼間のレストランよりも少し安い。さらに庶民的だ。ウエイターのおじさんも素朴ではにかんだような笑顔の感じのいい人だ。

 ここで、ベジタブルスープ、シーフードリゾット、タコのボイルを頼んだ。ポルトガルは、何気にワインが豊富でおいしいのだ。寒かったのでビールよりもワインを飲みたかったので、ワインを頼んでみることにした。赤ワインがボトルで4.5ユーロ(648円)と驚きの安さだ。

赤ワイン・ボトル
赤ワイン・ボトル
赤ワイン
赤ワイン

 さて、料理の味だが、本当に、本当にどれも驚きのおいしさだった。今思い出しても、生つばが出てくるような絶品のおいしさ!!魚介類の豊富な料理は、そもそも日本人に合っていると思うが、特にこのシーフードリゾットやタコのボイルは、日本人なら「おいしいっ!」と言うに違いない味だった。赤ワインもさっぱりとした飲みやすい味。ワインと料理がどんどん進み、ワイン1本では足りないほどであった。

 まず、パンを食べてみた。パンは、ポルトガルではだいたい同じ様なパンが出てくるが、やはりこのお店も、見た目はかたそうな生地だが、ちぎってみると意外にふかふかでやわらかい。味はやはりシンプルで、料理の味をじゃましないもの。本当においしく、日本でもこのようなシンプルなパンを売って欲しいくらいだ。それに付け合せのチーズをつけて食べてみた。

ポルトガルのパン
ポルトガルのパン
パンのつけ合わせたち
パンのつけ合わせたち

 このチーズは、ポルトガルではよく食べるのか、どこのお店でも付け合せによく出てきた。そして、このチーズがまた絶品だったのである!

 なめらかなチーズで、味はちょっとしょっぱいがシンプルでくせのないもの。日本ではありそうでなさそうなおいしさで、シンプルなパンと絶妙な相性だった。このおいしさに感動した私たちは、メインが来る前からパンをバクバク食べてしまった。あまりのおいしさに、スーパーマーケットでこのチーズを探して買って帰ることを決意した。

ベジタブルスープ
ベジタブルスープ
 ベジタブルスープは、キャベツが入ったさっぱりとしたもの。雨で濡れた体には、暖かく消化も良さそうなので、とてもうれしい。もちろんこのスープも◎。

 さて、いよいよシーフードリゾットである。シーフードリゾットは、どこのお店でもやや高めの値段である。このお店でも1人前9.5ユーロ(1388円)する。大体1人前と2人前の両方があり、2人前は18ユーロ(2592円)だった。きっと量が多いに違いないので、私たちは1人前を頼んだ。

 案の定、銀の大きめな鍋にたっぷりのシーフードリゾットが出てきた。明らかに日本人にとっては量が多いと思う。2人前はいったいどんな大鍋で出てくるのだろう。鍋の蓋を開けると、驚くほどたっぷりの魚介類が入っていた。

トマト風味のシーフードリゾット
トマト風味のシーフードリゾット

 日本のシーフードリゾットなら大きなえびが入っていたとしても、数えるほどだろう。それがぷりぷりのえびたっぷり、その他魚介類たっぷりで、一口一口に常においしい魚介類の身が入っているくらい、具がたくさんだったのだ!

 魚介類たっぷりなだけあり、魚介類のだしがきいた、トマト風味のリゾット。本当に本当においしかった。この内容で9.5ユーロは、絶対に安いと思った。

タコのボイル
タコのボイル
 これだけで、かなりおなかいっぱいになっていたのに、さらにタコのボイルが出てきた。それがまたびっくりなことに、かなり巨大なタコのボイルであったのだ。大きな足が何本もあり、びっくり!日本のタコとはちょっと違う。これだけ大きいと、かたくて大味なのではないかと思いきや、びっくりするほどやわらかく、日本のタコとはまったく違う味だったのだ。

 塩で茹でられたあっさりとした味。大きいがやわらかく、大味ではない。タコ自体がおいしいからか、シンプルな塩味がおいしさを引き立てていた。おなかいっぱいだったけど、2人で夢中で食べた。巨大なタコに、野菜たっぷりついていて、7ユーロである。なんて安いんだろう!感動の夕食であった。

 そして、考えた。日本から遠く離れたポルトガルの地で、温かい人たちに触れながら、こんなおいしいものを食べられる自分の幸せを。

 私は旅行の楽しみの中で、おいしいものを食べるということが、かなりの割合を占めている。すると、ポルトガルに来て、この時点で旅行の楽しみはかなり満たされたことになる。人も温かいし、2日目にしてすでに「ポルトガル万歳!」と叫びたい気分であった。


スポンサード リンク



ポルトガル旅行1日目
ポルトガルに至る道  成田空港の展望デッキ  ルフトハンザ航空  格安航空券の謎  ミュンヘンのフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港  やっとリスボンに到着  ムンディアルホテル 

ポルトガル旅行2日目
ムンディアルホテルの朝食  バイシャ地区  リスボンの天気  サン・ジョルジェ城  ポルトガル料理  リスボンの市電でベレン地区へ  世界遺産のジェロニモス修道院  パステイス・デ・ナタ  発見のモニュメント  ベレンの塔  魚介類のおいしいポルトガル 

ポルトガル旅行3日目
ムンディアルホテル・延泊  幻のロシオ駅?!  初めてのポルトガルの地下鉄  シントラの町へ  スリル満点のドライブでロカ岬へ  雷に感電?!  ポルトガルで中華料理 

ポルトガル旅行4日目
ナザレに向けて出発!  消えたバスターミナル  ナザレに至る道  ナザレのペンション  美しいナザレの町  シーフードレストラン、マール・ヴラヴォ  シティオ地区に通じるケーブルカー  ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会  メモリア礼拝堂  ナザレの夕日  ナザレ風カルディラーダ 

ポルトガル旅行5日目
ナザレの市場  ナザレの伝統衣装  パシュティシュ・デ・バカリャウ  たび猫、波にのまれる?!  ミゼリコルディア展望台  ナザレのショッピング  絶品のカタプラーナ  ナザレの素敵な毛糸製品  シティオ地区から眺める夜景  ナザレ最後の夕食 

ポルトガル旅行6日目
ナザレ出発の朝  ナザレの心の温まる朝食  さらば、ナザレよ!また来る日まで  再びリスボンの町へ  バイシャ地区の小さなレストラン  バイロ・アルト地区  ケーブルカーのビッカ線  サンタ・ジュスタのエレベーター  リスボンのクリスマスイルミネーション  ポルトガル、最後の夜 

ポルトガル旅行7日目
リスボン空港へ  ポルトガルからフランクフルトへ  フランクフルトから成田へ 

ポルトガル豆知識
4月25日橋  サン・ロケ教会  ファティマの奇跡 

ポルトガル関連情報
ポルトガル料理店情報

リンク
ポルトガル関連リンク 

頂いたメール
Tiger Horse さんのポルトガル旅行報告
とても嬉しかったメール(2008/1/1〜)
とても嬉しかったメール(2007/1/1〜12/31)
とても嬉しかったメール(2006/1/1〜12/31)

メールお待ちしております!
感想などいただけると嬉しいです

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記