ポルトガル旅行記

ポルトガル旅行2日目

ポルトガル旅行2日目:バイシャ地区

スポンサード リンク

フィゲイラ広場
フィゲイラ広場
 まず、ホテルを出てすぐのところにある、フィゲイラ広場というところに向かった。私たちが泊まったホテルやこのフィゲイラ広場がある地域を、バイシャ地区という。バイシャとは“低い土地”という意味らしい。リスボンの丘は、ローマみたいに7つの丘にまたがっているという。バイロ・アルト地区とアルファマ地区という2つの丘に挟まれた、低い地区がこのバイシャ地区なのである。

 7つの丘にまたがっているというだけあって、リスボンは坂の多い街だ。それがリスボンらしい風情のある景色を作っている。リスボンというと、ローマのように遺跡や観光名所が沢山あるわけではない。しかし、何を見るわけではなく、町の生活を感じながら、のんびりぶらぶら歩くのが好きな人には、リスボンはとてもいい町だと思う。

 バイシャ地区は、坂の多いリスボンの中において、平らな地区だ。フィゲイラ広場のすぐ横には、ロシオ広場という大きな広場が広がっている。

ロシオ広場
ロシオ広場
ロシオ広場のオベリスク
ロシオ広場のオベリスク

 リスボンで一番賑やかな広場らしい。ここから、テージョ川に面したコメルシオ広場まで一帯は、碁盤目状の街並みになっていて、色々なお店やレストラン、お土産屋さんなどが建ち並んでいる繁華街となっている。

ロシオ広場からコメルシオ広場までまっすぐ走っている碁盤目状の通りの中で、アウグスタ通りというのがある。ここは歩行者天国で、広い道の真ん中には、オープンカフェのテーブルや椅子が並んでいたりして、とても賑やかな通りだ。今回私たちが行った時期は、クリスマスシーズンだったため、バイシャ地区全体が夜はイルミネーションで華やかになっていた。碁盤目状のそれぞれの道路によってイルミネーションが異なっている。リスボンにしては派手な感じのイルミネーションだった。

 イルミネーションがあったためか、私が7年くらい前に行った時のリスボンよりも賑やかな印象を受けた。私が以前行った時は、7月末の真夏であった。このアウグスタ通りを初めて歩いた時の印象は、夏であるにも関わらず、何となく閑散としたイメージを受けた。閑散とした、というと悪いイメージを抱くかもしれないが、そうではなく、いい意味でのんびりとしていて、東京などとくらべると人も多くないし、がつがつしていないといったような印象をもったのだ。

 昔、高校生の頃世界史の勉強が一番好きだった。今でもポルトガルと言えば“大航海時代”という言葉を連想してしまう。そのくらい、1400年代におけるポルトガルの世界に対する影響力は大きかったのではないかと思う。

 実際、ポルトガルから日本に入ってきたものも多い。“天ぷら”“カステラ”“コンペイトウ”などという言葉は、ポルトガル語が元になっているという。他にも沢山ある。日本にもこれだけ多くの影響を残した国だ。リスボンに行くまで、その時の栄華を今でも残した華やかで都会的な町を何となく想像していた。

 しかし、実際にリスボンに行ってみると、思っていた町とはちょっと違っていた。町全体の雰囲気が、なんと言ったらいいのだろう、昔の栄華はどこへやらといった感じの、東京などとくらべるとちょっとさびれた、のんびりとした、庶民的なにおいが漂うものだったのだ。私にとって、この雰囲気がとても居心地が良く、それになんと言っても異国を旅をしているという感じを抱かせてくれたのだ。

 考えてみると、東京や日本の大きな町が近代化されすぎているのかもしれない。私たちはそれに慣れてしまっている。そのような生活に慣れてしまっているから、リスボンの町でこのような印象を抱いてしまったのかもしれない。私の個人的な感想なので、人によってリスボンの町に抱く感想は違うと思うが、ヨーロッパの他の大きな都市とはまた違ったリスボンは、訪れる価値はおおいにあると思う。

 アウグスタ通りをまっすぐテージョ川方面に進んでいくと、重厚なアーチがあり、それを抜けるとコメルシオ広場に出る。

重厚なアーチ
重厚なアーチ
コメルシオ広場のドン・ジョゼ1世騎馬像
コメルシオ広場のドン・ジョゼ1世騎馬像

 私たちは、まだ朝の9時過ぎにバイシャ地区をうろうろしていたので、もちろんイルミネーションはついていないし、人もまだ少なくお店もほとんど開いてない。静かな通りをコメルシオ広場まで向かった。

 テージョ川に面した広場は、広々としていて、その向こうにあるテージョ川の水面が、朝日に輝いてまぶしかった。テージョ川はとても大きく、対岸の景色が見えるものの、何となく海をイメージしてしまう。

テージョ川に架かる4月25日橋
テージョ川に架かる4月25日橋

 大きな船がとまっていたり、リスボンと言えば“大航海時代”というイメージがあるからだろうか。リスボンと言えば、大きな港に面していると思っていたのだ。

コメルシオ広場の巨大なクリスマスツリー
コメルシオ広場の巨大なクリスマスツリー
 コメルシオ広場には、巨大なクリスマスツリーが建っていた。クリスマスツリーと言っても緑の木ではなく、全部鉄骨でできた円錐形のものだ。朝だったので光はともっていなかったが、夜になるとこれ全体が光るのだ。夕べ、リスボン市に到着する時上空から見えたクリスマスツリーはこれだったのだ。

 旅行に出かける直前、姉から電話がかかってきて、「リスボンにヨーロッパ1番の大きさのクリスマスツリーが建っているってニュースで言ってたから、ぜひ見て来て」と言われた。きっとこのツリーのことだろう。昼間は鉄骨だけのもので面白くも何ともないが、かなり巨大なものなので、夜のイルミネーションはさぞかし豪華なものだろう。夜一度くらいは見にこようと思った。

 しばらく、バイシャ地区をうろうろ歩いたが、サン・ジョルジェ城という、小高い丘の上にある現在は公園になっているところに行って、朝のリスボンの町を見下ろしてみることにした。

サン・ジョルジェ城にいたる道
サン・ジョルジェ城にいたる道
 サン・ジョルジェ城は、バイシャ地区の東側に広がるアルファマ地区というところにある。バイシャ地区からはすぐ横に見上げるような形で、サン・ジョルジェ城がある。バイシャ地区の細い道から、サン・ジョルジェ城に続く道が出ていた。

 そこからは、道がごちゃごちゃと迷路のように続いているためか、ガイドブックにはこれといってサン・ジョルジェ城にいたる正確な道は記載されていなかった。バスでの行き方は載っていたが、私たちはのんびり歩いて登りたかった。そのほうが町の雰囲気を楽しめるからだ。時々ある看板を頼りにしながら、坂道を登っていった。細いくねくねとした石畳の道の両側には、小さなお土産屋さんやレストランが所々あった。何の教会だかわからないが、古そうな趣のある教会もあった。

街角のレストラン
街角のレストラン
街角の教会
街角の教会

 本当にこの道でいいのか心配になりながらも、とにかく上に向かって登っていくと、しばらくするとまた看板が出てくる。とりあえず登っていけばいいらしい。途中で、見晴台のようなところに出た。そこは、冬なのに赤いブーゲンビリアが咲いていて、その向こうには、真っ青の空と、アルファマ地区のオレンジ色の屋根の町並み、そしてテージョ川が見渡せる素晴らしい景色のところだった。

アルファマ地区とテージョ川
アルファマ地区とテージョ川

 これだけ青い空と赤いブーゲンビリアの花を見ると、冬ではないような気がしてきてしまう。すごい暖かいというわけではないが、南国の町に来たという気がした。


スポンサード リンク



ポルトガル旅行1日目
ポルトガルに至る道  成田空港の展望デッキ  ルフトハンザ航空  格安航空券の謎  ミュンヘンのフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港  やっとリスボンに到着  ムンディアルホテル 

ポルトガル旅行2日目
ムンディアルホテルの朝食  バイシャ地区  リスボンの天気  サン・ジョルジェ城  ポルトガル料理  リスボンの市電でベレン地区へ  世界遺産のジェロニモス修道院  パステイス・デ・ナタ  発見のモニュメント  ベレンの塔  魚介類のおいしいポルトガル 

ポルトガル旅行3日目
ムンディアルホテル・延泊  幻のロシオ駅?!  初めてのポルトガルの地下鉄  シントラの町へ  スリル満点のドライブでロカ岬へ  雷に感電?!  ポルトガルで中華料理 

ポルトガル旅行4日目
ナザレに向けて出発!  消えたバスターミナル  ナザレに至る道  ナザレのペンション  美しいナザレの町  シーフードレストラン、マール・ヴラヴォ  シティオ地区に通じるケーブルカー  ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会  メモリア礼拝堂  ナザレの夕日  ナザレ風カルディラーダ 

ポルトガル旅行5日目
ナザレの市場  ナザレの伝統衣装  パシュティシュ・デ・バカリャウ  たび猫、波にのまれる?!  ミゼリコルディア展望台  ナザレのショッピング  絶品のカタプラーナ  ナザレの素敵な毛糸製品  シティオ地区から眺める夜景  ナザレ最後の夕食 

ポルトガル旅行6日目
ナザレ出発の朝  ナザレの心の温まる朝食  さらば、ナザレよ!また来る日まで  再びリスボンの町へ  バイシャ地区の小さなレストラン  バイロ・アルト地区  ケーブルカーのビッカ線  サンタ・ジュスタのエレベーター  リスボンのクリスマスイルミネーション  ポルトガル、最後の夜 

ポルトガル旅行7日目
リスボン空港へ  ポルトガルからフランクフルトへ  フランクフルトから成田へ 

ポルトガル豆知識
4月25日橋  サン・ロケ教会  ファティマの奇跡 

ポルトガル関連情報
ポルトガル料理店情報

リンク
ポルトガル関連リンク 

頂いたメール
Tiger Horse さんのポルトガル旅行報告
とても嬉しかったメール(2008/1/1〜)
とても嬉しかったメール(2007/1/1〜12/31)
とても嬉しかったメール(2006/1/1〜12/31)

メールお待ちしております!
感想などいただけると嬉しいです

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記