ポルトガル旅行記

とても嬉しかったメール(2006/1/1〜12/31)

スポンサード リンク

ここでは、こちらより頂いたメールのうち掲載許可を頂いたメールを掲載しています。
皆様のメールには本当に涙が出るほど励まされています。
メールを送信してくれた人たちの心意気が読んだ皆様にも伝われば幸いです。

尚、メールには個々に返信させてもらっているので、ここでの私からの返信は省略しています。
メールを下さった皆様、またこのサイトを訪れてくださった皆様、本当にありがとうございます^^
(最近、返信が遅れ気味ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。)

※メールアドレスを記載していただいた方には基本的に個別に返信させてもらっていますが、記載されているメールアドレスに誤りがあり返信できていないことも結構あります。
心当たりある方は、再度メールいただければと思います。


<2006年12月26日 受信>
ニックネーム「けんと」さんからのメール
件名:ポルトガルに行ってきました!

こんにちわ、たび猫さん。
けんとです。
私とその家族(妻、長男8歳)は今月17日から24日まで欧州を旅行し、その内の17日から19日までをリスボンに滞在しました。
実は、私、ブルガリアソフィアに仕事の関係でもう2年も滞在しており、今回の旅行で念願のリスボンとロカ岬、おいしい魚料理を現地3泊を通じて満喫するはずでした・・・が、生憎、田舎のソフィア空港が濃霧で発着が数日間クローズし、16日早朝にソフィアを出発し、ミラノ経由で同日昼に着くはずが、ソフィアから郊外の空港に廻され、ローマを経て、17日夜11時にヘトヘトになりながらリスボン空港に降り立ちました。
ということで、私のリスボンは1日だけがフルの観光で、2日目の昼には慌しく、パリに向け旅立った次第です。
たった一日のリスボンでしたが、ホテルは勿論、「ムンディアル」ホテル。
ここは、1泊80ユーロで、立地、設備からすると格安と思います。
たび猫さんが言うように朝食で多くの日本人ツアーの人に会いました。
時間があまり無いので、まずは、観光専用のトラムで市内観光。
これ、絶対にお勧めです。
90分のトラムツアーの後、”あの”ガイドブックに出ている、バイシャの生簀がある魚料理店へ。
名前は確かに「ポルトガル」ではなかったですが、番地が一緒だったので迷わずイン。
シーフードの鍋料理カタブラーナを注文。
ロブスター、かに、貝と、これがまた絶品。
量は大人2+子供1にも十分でした。
それから、Jorge城、次にバイシャの展望タワーに、ここからの景色は最高。
特に、夕暮れ時だったので、家々が夕日に赤く照らされ格別でした。
だけど、ここの展望台喫茶店は要注意。
オレンジジュース、コーラ、ホットミルクで10.5ユーロ取られ(ぼられ)ました。
景色がいいから仕方が無いか。
夜もまた、魚料理。
ホテルの近くで、また、”あの”ガイドブックにのっている生簀の店。
ここでは、たらのカタブラーナ。
おいしかったけど、ちょっとポテトが多く、おいしさなら「ポルトガル」に軍配をあげます。
ロカ岬にはいけなかったけど、12月なのに日差しが強く、東欧のブルガリアとは大違いだなー、今度はポルトガルだけをゆっくりと回りたいと思いました。


<2006年12月5日 受信>
ニックネーム「わがままうめこ」さんからのメール
件名:ポルトガルへ行ってきました

こんにちは!
無事、ポルトガルから帰ってきました。
7月からはじめたHPに掲載するのが大変で苦労しました。
50も半ば近くなると、パソコンなど新しいことにチャレンジすると、頭の中が蜘蛛の巣状態で、こんがらがって解きようがないぐらいです。
滞在は6日間でしたが、いつもの生活から離れ、のんびりした旅ができたのがなによりでした。
皆さんいい人たちで、出会いも旅の楽しみのひとつですね。
もう一度(何度でもいいですが・・)行きたいって思う旅だったので、本当に良かったです。
後は、何とか出来上がったHPを見てくださいね。

http://www.geocities.co.jp/yumiko_ujp/

ところで、まもなくおめでたですね、寒い時の子は丈夫に育つので、いいですよ!
それでは、またメールします。


<2006年11月24日 受信>
ニックネーム「ソウザ」さんからのメール
件名:来年にポルトガルへ行く予定です。

はじめましてこんにちわ。

ポルトガルサッカーが好きで、ポルトガル代表の試合を見たくて、2000年にオランダへ初海外旅行に行きましたが、その時はツアーでした。
サッカーのユーロ2000の準々決勝を2試合を見ましたが、2泊5日で約46万もしました。
ツアーといっても三人でしたけどね。
で、今回は、一人で行こうと思ってます。
来年の11月頃に、ポルトガルへ行く予定です。
サッカーのユーロ2008の予選です。ポルトガルのホームでの試合が一度見たくて・・・
試合日程はきまってますが、会場とかはまだ未定です。

なんせ一人で行く予定なので、不安ばかりです。
今、ポルトガル語も少し勉強中です。

いろいろと検索していると、この旅行記にたどりつきました。
旅行記を読んでいると、ますます行きたくなりました。


<2006年11月13日 受信>
ニックネーム「わがままうめこ」さんからのメール
件名:行ってきま〜す!

明後日からポルトガルへ行きます。
昨日支度をしたけれど、デイバッグと小さなショルダーバッグだけで、これじゃ、いつもの日帰りハイキングとまるっきり一緒だねなんて、我ながら年中どこへ行くのも同じスタイルで笑えてきました。
(4.5日の登山はこの3倍ぐらいの荷物になってしまうので)
帰国時も両手は手ぶらでがモットー??
まだ、どこへ行くかもはっきりしてない。
相棒は昨日ポルトガルの勉強をするといって、初めてガイドブックを手にするぐらいのんき・・
そーそー他の旅行記も読ませていただきましたが、私も一昨年ギリシヤに行った時、ロシアで一泊、本当にどこで手続きするのかわからず、聞いても無視されるし、一生ここから出れないのではと思ったぐらいでした。
昨年はモロッコなので、なんか好きな国とかが似ている感じですね。
昨日から風が強くて急に冬になったようですが、妊娠8ヶ月、お大事にしてください。
また、メールします。


<2006年11月7日 受信>
ニックネーム「ぺコポコ」さんからのメール
件名:リスボンに行ってきました。

ポルトガル旅行から無事に帰ってきました。
今回はリズボン1都市のみに滞在し、そこから日帰りでいける範囲
(シントラやカスカイス)にいってきました。

みっちり観光はせず、のんびり時間をかけてランチを取ったりスーパーではないメルカドで買い物したり、路面電車でぐるぐる周遊したりと、リスボン市は面白いこと(ポルトガル人のおおらかさ)を体験したり
(路面電車で事故に遭遇しました。が、怪我をした人は近くの人に手当てをしてもらいそのまま行ってしまいました。もちろん電車も無事を確認するまでは停車していましたがポリスが現場確認することも無くそのまま動き出しました。結構流血していましたが・・・)

思いもかけない親切をしていただいたり(道を教えてくれた上にガイド並みのお奨めスポットとリスボンの歴史も教えてもらいました。)

メトロのデモにあったり、電車でいけるベレンがたまたまパレードで通行規制にひっかかりバスに乗り換えたり・・・と滞在中ほとんど毎日ハプニングがあり家族全員楽しめました。

違う都市にもいってみようと思い次は・・・と考えが膨らんでいるところです。

今妊娠中ということだそうですが
無事に元気な赤ちゃんが生まれることをお祈りしています。
そして楽しい旅行記も待っています。

それでは失礼します。



<2006年11月1日 受信>
ニックネーム「ココア」さんからのメール
件名:はじめまして

少し旅の思い出なんかを書こうと思いまして、寺院の名前を思い出したくて検索したら、こちらのサイトさまにおじゃましました。
すごく、旅行記がリアルで読んでて臨場感がありました。
プラハも、ギリシャも行きたかったけれど、チャンスが無く、まあ、今は仕事と子育てから手が離せない時期でもあります。
とても、楽しませていただきました。
ありがとうございました。
こちらが、わたしのHPです。
よかったら、のぞいてみてくださいな。
http://www.geocities.jp/cocoaa0/
※2008/1/16 残念ながらリンク切れになっていました。


<2006年10月26日 受信>
ニックネーム「わがままばば、じじ、うめこ、腹黒さより」さんからのメール
件名:こんにちは!!

来月15日〜23日まで、ポルトガルへ旅行に行きます。
そんな具合で何かいい情報はないかと、検索していたところ、ポルトガル紀行に出会いました。
私も年1回の海外旅行を楽しみに働いている、ずーと22歳ではいくらなんでもひどいか永遠の48歳(1953年生まれ?)。
私は住まいが静岡のため、名古屋からルフトハンザを利用、フランクフルト→リスボン、ポルト→フランクフルト経由です。
到着が遅いのでリスボンのホテルは予約してありますが、あとはフリー、どこへ行こうかまだ思案中。
この紀行がとっても役にたちそうです。
英語はだめなので、日本語と遠州弁(方言)で勝負していますが、そのやりとりとか無駄な時間が、旅では観光以上に好きです。
のんびり自分の街を歩いていると同じ感覚で過ごすのが旅の理想かな?
今、仕事場で誰もいないのでサボっている、まあ社員私一人なので、帰宅したら、じっくり読ませていただきます。
私もHPは以前から作っていますが、趣味の山登りのみなので、この8月から新たに旅行など、何でも取り入れたHPをはじめましたが、まだまだです。
HPの構成も参考にしたいと思うほどいいですね。
では、またネ!!


<2006年10月22日 受信>
ニックネーム「のらねこ」さんからのメール
件名:ポルトガル旅行記を読ませていただきました。

プラハも大好きな町で、何回か行ったのですが、その検索をしている時偶然あなたの旅行記を見つけ、読ませていただきました。
とてもよく書けていて、写真もとてもきれいです。
そこでついメールしてみたくなりました。
実は私も旅好きで、以前ヨーロッパへよく出かけていました。
ポルトガルへは1999年の11月に、無謀にも折りたたみ自転車持参で行きました。
私はいつもKLMを利用していたので、オランダ経由でデルフトに1泊してからリスボンへ行きました。
空港からのバスでオシオ広場で降り、駅からシントラへ向かいました。
バイロンがエデンの園と言ったシントラが見たかったからです。
シントラの駅舎内に観光案内所があります。
僕の自転車の組み立てを見ていたそこの30代の観光局のお兄さんと、自転車好き者同士で仲良しになり、地図を開いて今後どこへ行ったらいいかを相談しました。
その結果、シントラ、オビドス(ポザーダ泊)、ナザレ、ポルト、ヴィアナ、ブラガ、ポニシェ、リスボンというルートになりました(途中はバスと自転車で移動なので小さい町記載せず)。
シントラでは広場の目の前に泊まり、翌朝7時、あて感で斜面のところから山へ入り、ムーア人の砦に向かいました。
ジグザグ道を登り、ちょうど朝8時に砦に着きました。
もちろん誰もいませんでした。
そこには、朝の光と影がおりなす地球そのものの景色がありました。
地平線がそっと丸くカーブしていて、見ていて涙がこぼれました。
これは今でも忘れることが出来ません・・・。
ナザレへは自転車でオビドス出発後、途中から海沿いに北上。
地元の人に止められたにもかかわらずがたがた道を走り、たどり着きました。
海岸を見ながら最初の店で生ビールを一杯、ぐい〜っと。
旅はいいですよね、思い出がたくさん残りますもの。

PS:僕もあのおいしいパステスデナッタ買いに行きましたよ。
サンタジュスタのすぐ近くの店で食べたバカリャウ(たら)のコロッケおいしかったなぁ。
長くなり大変失礼いたしました。


<2006年9月15日 受信>
ニックネーム「くろたん」さんからのメール
件名:ナザレへ行きたいですね

僕は64歳 今年6月で退職しました。
海外旅行はしたことがありません。
旅行記読ませていただきました。
食事や宿泊の料金が具体的に書かれていたので助かりました。
来年10日くらいポルトガルに行く予定です。
山の高冷地に住んでいますので来年以後は冬のあいだはポルトガルで暮らしてみたいと思っています。
20代の頃ブラシルに住んでいましたが言葉はほとんど忘れてしまいました。
40年ぶりに海外に出るのは不安です。
この旅行記を読んですこし自信がつきました。
ありがとうございました。


<2006年9月8日 受信>
ニックネーム「猫達のママ」さんからのメール
件名:“たび猫”さんありがとう!

楽しく読ませていただいています。
昨年秋に東欧に行ってから頭の中は、旅行旅行旅行。
すべての無駄遣いをしなくなり、過去の浪費を後悔し。
今年の5月はイタリアに行ってきました。
残念ながら語学力が皆無なので自由行動が殆んど無いツアーです。
性格は一人旅OKですが。

パリのドゴール空港で第一ターミナルから第二ターミナルに移動する時「絶対一人では無理」と添乗員さんに言ったら「書いてあるから大丈夫」と言われました。
それが無理なのです!

秋はウズベキスタンに行きたいと思ったのですが「青空トイレ」が耐えられるわけ無くあきらめました。
「トルコにしようかギリシャにしようか」と考えている時“たび猫”さんにめぐり会えました。
ギリシャに続いて読んだポルトガル。
絶対ポルトガルに行こう!と思いました(ギリシャを読んでいる時は絶対ギリシャでしたが)。
以前からポルトガルはスペインに行く時ついでに行こうと思っていたのですが、「ついで」が消えました。

これからプラハとイタリアを読ませていただきます。
ツアーで行った事を後悔する事になるんだろうな。

たぶん“スペイン・ポルトガル13日間”というツアーに、この秋か来年の春に行くと思います。


<2006年9月3日 受信>
ニックネーム「Tiger Horse」さんからのメール
件名:旅行記とても良かったです!

たび猫さん、はじめまして。

Tiger Horseという者です。
美術と旅行が大好きで年末にポルトガルに行く事になり、
色々検索する中、こちらのサイトに辿り着きました。

当初は役立つ情報だけを得ようという
浅はかな気持ちで旅行記を読んでいたのですが(スミマセン!!!)
読むうちに、そんな自分が恥ずかしくなりました。

旅先で出会った人々や、ふと目に入った風景、
海岸で拾った小さな貝殻にも優しいまなざしを向ける
たび猫さんの人柄あふれる文章を読むうちに、
いつしか自分も優しい幸せな気持ちになる事ができました。

本当に、ありがとうございました!
いつか私もたび猫さんのような旅行記が書けたらと思います。
ポルトガル旅行も楽しんできます。

P.S.
私のホームページです。旅行記:TRAVELは、
まだフィレンツェ「FLORENCE」しか出来ていませんが、
良かったら覗いてみてください。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tiger-horse/


<2006年8月24日 受信>
ニックネーム「ぺコポコ」さんからのメール
件名:ポルトガル旅行記拝見しました。

はじめまして。
旅行記楽しく拝見させていただきました。

以前ツアーでポルトガルに旅行してから
「絶対にもう一度行きたい!!」
と思いつづけていた場所です。

ツアーでしたのであまり現地の方と触れ合う機会はありませんでしたが、それでもホテルやお店や駅でほんの少しだけ話しただけの人(おじさんもおばーさんも若者も)みなさんが「さりげなく、いい人たちだ〜。」という感想をもちました。

そして食べ物も美味しい!

ねこさんの旅行記をよみながらリスボンのお店のウィンドウにいろいろ飾ってあったお菓子?(パン?)を思い出しては食べておけばよかった〜と後悔していました。

今年の9月に念願かなって再ポルトガル旅行を予定しています。
今回は個人旅行なのでねこさんの旅行記を参考にいろいろと予定を立てさせていただこうと思っています。

ポルトガル以外にも、また楽しい旅行記楽しみにしています。


<2006年8月6日 受信>
ニックネーム「hana18」さんからのメール
件名:ナザレ良さそうですね〜

たび猫さんの泊まったナザレのペンションにとても泊まりたくなりました。
9月の終わりから9日間でポルトガルへ行く予定で、いろいろ情報収集をしていたころ猫さんの旅日記 とても楽しく読ませていただきました。
私は、友人と3人でリスボンのレンタルハウスに泊まってそこから日帰りできる範囲でのんびり観光しようと考えているのですが・・・
ナザレ 行きたくなりました。
じっくり計画してみようと思っています。
楽しい日記をありがとうございました。


<2006年8月4日 受信>
ニックネーム「万年エコノミ−クラス」さんからのメール
件名:初めてのポルトガル

はじめまして。
今年の"遅めの夏休み"にポルトガル旅行を予定している者です。
ポルトガル情報を入手すべく、ネット検索している際にこちらのサイトに辿り着きました。
写真、エピソ−ド、感想、全て楽しく読ませて頂きました。
良い"旅友"をお持ちのようですね。
旅の目的とペ−スがぴったり合う友達、重要ですよね。
親友が必ずしも旅友になれるものではありませんから。

今、リスボンまでの往復航空券を手配しているのみで、訪問地と宿はこれから決める予定です。
ナザレは私の"相棒"も行きたがっているので、外せないかなと思っています。 
旅行記を拝見した中で、"ナザレのペンション"がとても気になりました。
読み落としでしたら申し訳ありませんが、ペンションの名前(可能であれば名前以外の情報も)を教えて頂けませんでしょうか?
アポ無しで行ってもも客引きのおばさんが出迎えてくれそうではありますが・・・ (^_^;)
う〜ん・・・ 鱈のコロッケ、カタプラ−ナ、リゾット、ポルトワイン・・・
想像しただけで唾液が止まらなくなりますね。
早くありつきたいところです。
今、訳あって食事があまり"イケてない"国に住んでおりますので、食事が美味しく頂ける国に行けるのは、滅多にない楽しみの一つです。(-。-)y-゜゜゜
今のところ、シチリアが私の中では食の美味しい所の最上位にあります。(日本を除く)
購入されたポンチョ(スト−ル?)、カ−ディガン、私も欲しくなりました。(買うな、きっと・・・)
ポルトガル旅行記、是非今度の旅行の助けにさせて頂きたいと思います。

ポルトガル旅行を無事終えましたら、他の国の旅行記もゆっくり読ませて頂きます。


<2006年6月21日 受信>
ニックネーム「CHEWY」さんからのメール
件名:ポルトガルまた行きたくなりました

はじめまして。CHEWYと申します。
ポルトガル旅行記、毎日お昼休みに一日分ずつ楽しく拝読しました。

ポルトガルは私が初めて海外旅行をした国です。
もう10年以上も前になりますが、たび猫さんの旅行記を読んで、食べ物がおいしかったこと、出会う人たちが笑顔で親切だった記憶がよみがえりました。
あまりにもなつかしくて、この旅行記を参考に、また訪れたくなりました。

私が滞在したときは、ホテルのシャワーのお湯が茶色く濁ったりしたことがありました。
かなり時が経っているのですが、たび猫さんが滞在されたホテルでは、そのようなことはありましたか?

イタリア、プラハも引き続き、楽しみに読ませて頂きます。
お体をお大事に。


<2006年6月10日 受信>
ニックネーム「Blythe」さんからのメール
件名:始めまして!

こんばんは。
始めまして。

私は今年の1月下旬から2月にかけて、飛行機のチケット有効期限の2週間ほどポルトガルを旅行してきました。
行く前にもたび猫さんのホームページを見て、旅情報を得ていたのですが、帰国してからちゃんと読んでみるとナザレでの宿泊先とか、レストランのジョゼフとか私も同じような所を辿ってました。

ポルトガルはヨーロッパの他の華やかな国とは異なりますが、人は親切だし治安も良くとても楽しい旅行でした。私も旅行記を過去にさかのぼって書いてますので、興味がありましたら見てみて下さいね。

http://blythe.blog.ocn.ne.jp/travel/



<2006年6月10日 受信>
ニックネーム「なすび」さんからのメール
件名:とても楽しく拝見させていただきました

たび猫さん、はじめまして。
実は、私、昨年非常に大きな買い物をしまして、それ以降、海外旅行は禁じていたのですが(!)、たび猫さんのページにひょんなことからたどり着き、読み進めていくうちに気分が盛り上がり・・・どうしよう、今年の夏休み、一人で行ってしまおうかと悩んでいます。
特にナザレの街、いいですねえ。
少し研究しまして、またその後をご報告します。
たび猫さんも御身体、お気をつけて。



<2006年6月5日 受信>
ニックネーム「葉山のひでまる」さんからのメール
件名:ポルトガルの報告です

ポルトガルより昨日帰国しました。
たび猫様のおかげで全てが最高でした。
特にナザレの3日間は雲ひとつない快晴で気温は平均よりかなり高く30度を超えましたが、湿度がなく、海辺の風は本当に気持ち良いものでした。

リスボンを始めナザレとたび猫さんのレポート抜粋を片手に、レストラン巡りをしてまいりました。
もちろん自分達でも開拓はしてきまたが、一番はナザレのオーバリオですね。そう、たび猫さんたちが飛び込みで入ってポルトワインをサービスで出していただいた店。ご主人にたび猫さんの紹介レポート見せたら喜んじゃって、「貸してくれ。家族に見せる」みたいになってしばしのあいだ、キッチンに持っていってしまいました。
サービス、食事、価格、雰囲気全て100点満点。30度以上あるのに風が爽やかなもんだから外で風にあたりながら食事をしたのですが、家内とビール飲んでビーニョベルデ一本をあっという間に空けてしまい、ポルトワインもサービスで出していただいのをすぐに飲んでしまいました。のんびりするつもりなのなに、
酒だけはグイグイやつてしまいました。
酒に酔い、あの白い壁に囲まれて海風にあたっていると、あぁポルトガルはすばらしいなぁとつくづく感じてしまいました。

さてロカ岬もドライブして行ったのですが、運転はとにかくみんな乱暴ですね。
一冊ポルトガルを紹介した本を持参したのですが、そのことも書いてありました。
高速はみんな200キロはだすし、リスボンの細い路地は飛ばすはで結構緊張しました。
左ハンドルのしかもオートマでなくマニュアル。
学生時代友人が左ハンドルのマニュアルに乗っていて、よくそれを運転していたのでよかったものの、普通の人だと結構あせりますよね。
リスボンの街中は坂道発進の連続だし、人は飛び出すし。
でも慣れたら楽しかったです。
高速は広いので飛ばしたくなるのもわかりました。

まだまだ楽しかったことは沢山あるのですが、業務中につきこのくらいでおわりますが、今回の旅はとにかく旅ねこさんのおかげで本当に効率良く楽しむことができました。
家内共々感謝感謝です。
また折りをみて細かい報告させていただきますね。
とりあえず御礼まで。

葉山のひでまる



<2006年5月28日 受信>
ニックネーム「Kay」さんからのメール
件名:本当に素敵な旅でした♪

はじめまして、Kayと申します。

猫さんとみーちゃんのポルトガル旅行記、ホントにホントに感動しながら読みました。

毎年夏休みにどこかに旅行へ行くのですが、今までヨーロッパにはほとんど行ったことが無くて、たまたま久しぶりに会った友人からポルトガルに行ってきたという話しを聞いて、途端にポルトガルに興味が出来てきて、それでネットで見つけたのが、猫さんの旅行記でした。

私が知りたかった情報(治安がいい、物価が安い、人が優しい)が生き生きとつづられていて、あっという間に引き込まれてしまいました。
それまでまったくポルトガルのことを知らなかったのですが、私も猫さんとみーちゃんが歩いた道を歩きたくなり、即効飛行機の予約をしました。

私は仕事の関係で、長期の休みが取れるのが8月のお盆の頃で、なにしろ飛行機がめちゃめちゃ高い時期なので、迷ってる時間がなかったのですが、猫さんの旅行記が背中を押してくれました。
日程は10日間ほどなので、ポルトまで足を伸ばせたらいいなーと思っていますが、プランはこれからじっくり考えたいと思いますが、絶対ナザレには行きたいと思います。
ストールも欲しいけど、真夏なんで売ってるといいなぁ。

私はブログをやっていて、猫さんの旅行記をリンクさせていただきました。
もし良かったら是非遊びに来てください!

http://blog.livedoor.jp/kayoyd/archives/cat_50017324.html

女一人旅だと何かと不安があるんですが、いつもそれ以上の出会いと感動があるので、一人旅は止められません。
たった一人で海外で色々考えながら行動することは、私だってやれば出来る!って帰国してからの私にものすごい自信をくれるんです。

猫さんの旅行記は私の初めてのヨーロッパ一人旅に大きな勇気をくださったととても感謝しています。
ありがとうございました。

まだ2ヶ月以上ありますが、帰国したらまたご報告させていただきますね。


  旅行記の中で書いていた、格安航空券だとなぜ翼の上の席になることが多いのかという疑問に対して、「へろへろ」さんが回答してくださいました。
おかげで長い間気になっていた疑問がスッキリしました。
ありがとうございます^^
<2006年5月26日 受信>
ニックネーム「へろへろ」さんからのメール
件名:エコノミークラスだと翼の上になる件について
ルフトハンザドイツ航空の成田⇔ミュンヘン線にはエアバスA340が投入されています。

タイプおよび座席配置により異なりますが、エコノミークラスの半数弱は翼の上になります。

また団体旅行の席は後部にまとめてとられていることが多いように感じられます。
団体旅行に属さない個人旅行客はエコノミークラスの前方に席をアサインされることが多く、結果として翼の上になってしますようです。
これはあくまで私の観察による推測ですが。。。

成田空港の第一ターミナルが改装オープンするに伴い、自動チェックイン機が大量導入され国内線と同様に席も指定できるようになるようです。(テレビでやっていました) 
ですから航空会社によっては今後はそういった心配もしなくてすむようになります。
ご参考まで


<2006年5月12日 受信>
ニックネーム「ひで」さんからのメール
件名:今月末から

今月末からポルトガル旅行に行くのですが、私が立てた計画とかなり似ているので 大変参考になりました。
私は夜にリスボン入りしムンディアルに泊。
2日目はリスボン観光で同じくムンディアル泊。
3日目からレンタカーを借りてロカ岬、カスカイスをみてナザレに2泊。
そのあと南下して セトゥーバルに一泊しリスボンへ帰り一泊。
翌日ロンドンで一泊してかえります。
一番知りたかった食堂のような安くて美味しいレストラン。
大変参考になりました。
何枚かアウトプットして持っていきます。
また報告しますね。


<2006年5月7日 受信>
ニックネーム「ごんちゃん」さんからのメール
件名:ポルトガルとプラハ旅

ポルトガルで検索していたら貴ホームページがありました。
文章が上手いので、自分も旅している気持ちになりました。
それに、飲食が大好きなのが伝わってきて、ポルトガルの旅を読んでいるときは私もワインが飲みたくなり(実際飲みました^^)、チェコを旅している時は、ビールが飲みたくなり(実際飲みました)、チェコが終わったので、又、ポルトガルを読もうとしましたが、又ワインが飲みたくなるといけないので、(休肝^^)、又、次ワインを飲みながら読みたいと思います。
それから、絵がとても上手くて可愛らしくて、文才も絵心もあって多才な方だなと感心しました。
又、旅行記楽しみにしています。



<2006年4月27日 受信>
ニックネーム「かずたこ」さんからのメール
件名:参考になりました。

ポルトガル旅行2週間前ということで

最近では旅行のための情報収集に日夜いそしんでます。

レストランなどの情報参考になりました。

楽しめるといいなあと思います。

ありがとうございました。


<2006年4月23日 受信>
ニックネーム「ほしこ」さんからのメール
件名:ポルトガル旅行記を読んで。

私は7年前に初めてポルトガルへ行き、大好きな国になりました。
それまでポルトガルにはまったくと言っていいほど興味がなかったのですが、ある日通販のカタログで1枚の写真を見て、それはオビドスの民家の写真でしたが、かわいらしい家で「ここに行きたい」と思い20日間のヨーロッパ旅行へ行く事になった時に行き先の1つに決めました。
なんの情報も仕入れず行った国でしたが、たった1枚の写真からこんなに興味の持てる国になるとは・・・。
この時4カ国回りましたが1番印象に残った国でした。
オビドスには行かれなかったようですが、今度ポルトガルへ行った時はぜひぜひ行ってみて下さい。
とても小さくてかわいらしい街ですよ!
たび猫さんが行った先々のお話を読んで私も行ったところが多く、その時の事を懐かしく思い出しました。
特にナザレの親切な人々の事・・・。
思わず涙ぐんでしまいました。
ナザレ、のどかでいいですよねー。
いつかポルトガルを1周してみたい!
チェコも行ってみたいと思っていたので、これからチェコの旅行記読ませてもらいます!


<2006年3月24日 受信>
ニックネーム「maria」さんからのメール
件名:はじめまして!

旅行記、楽しく読ませていただきました。

航空券だけ手配しての個人旅行、わたしたちと同じだわっ。

6月ごろ、ひさびさにヨーロッパ行きを計画しているのですが、

さて、どこへ行こうか、ポルトガルはどうかしら、と思ってアクセスしたら、

あなたの旅行記にヒットし、すっかり、ポルトガル色に染まって

心が躍るのを感じています。

リスボンとナザレ、、、よさそうですねー。



<2006年2月6日 受信>
ニックネーム「とも」さんからのメール
件名:こんにちは!

今月初めてポルトガルに行きますが、猫さんの旅行記はとても読み応えがあってとても参考になりました。

ポルトガルは本当に素朴ですてきなところですね。

人のあたたかさが伝わってきました。

ナザレは特に魅力的ですね。

ポルトガルの天候はかわりやすいらしいのでなるべく暖かくしていこうと思います(^^)

では☆


2007年1月1日以降にポルトガル旅行記に頂いたメールは以下のページにあります。
2008年1月1日以降にポルトガル旅行記に頂いた嬉しかったメール
2007年1月1日以降にポルトガル旅行記に頂いた嬉しかったメール

感想などありましたら、こちらからメールいただけると嬉しいです!
メールをくださった皆様ありがとうございました!!



スポンサード リンク



ポルトガル旅行1日目
ポルトガルに至る道  成田空港の展望デッキ  ルフトハンザ航空  格安航空券の謎  ミュンヘンのフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港  やっとリスボンに到着  ムンディアルホテル 

ポルトガル旅行2日目
ムンディアルホテルの朝食  バイシャ地区  リスボンの天気  サン・ジョルジェ城  ポルトガル料理  リスボンの市電でベレン地区へ  世界遺産のジェロニモス修道院  パステイス・デ・ナタ  発見のモニュメント  ベレンの塔  魚介類のおいしいポルトガル 

ポルトガル旅行3日目
ムンディアルホテル・延泊  幻のロシオ駅?!  初めてのポルトガルの地下鉄  シントラの町へ  スリル満点のドライブでロカ岬へ  雷に感電?!  ポルトガルで中華料理 

ポルトガル旅行4日目
ナザレに向けて出発!  消えたバスターミナル  ナザレに至る道  ナザレのペンション  美しいナザレの町  シーフードレストラン、マール・ヴラヴォ  シティオ地区に通じるケーブルカー  ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会  メモリア礼拝堂  ナザレの夕日  ナザレ風カルディラーダ 

ポルトガル旅行5日目
ナザレの市場  ナザレの伝統衣装  パシュティシュ・デ・バカリャウ  たび猫、波にのまれる?!  ミゼリコルディア展望台  ナザレのショッピング  絶品のカタプラーナ  ナザレの素敵な毛糸製品  シティオ地区から眺める夜景  ナザレ最後の夕食 

ポルトガル旅行6日目
ナザレ出発の朝  ナザレの心の温まる朝食  さらば、ナザレよ!また来る日まで  再びリスボンの町へ  バイシャ地区の小さなレストラン  バイロ・アルト地区  ケーブルカーのビッカ線  サンタ・ジュスタのエレベーター  リスボンのクリスマスイルミネーション  ポルトガル、最後の夜 

ポルトガル旅行7日目
リスボン空港へ  ポルトガルからフランクフルトへ  フランクフルトから成田へ 

ポルトガル豆知識
4月25日橋  サン・ロケ教会  ファティマの奇跡 

ポルトガル関連情報
ポルトガル料理店情報

リンク
ポルトガル関連リンク 

頂いたメール
Tiger Horse さんのポルトガル旅行報告
とても嬉しかったメール(2008/1/1〜)
とても嬉しかったメール(2007/1/1〜12/31)
とても嬉しかったメール(2006/1/1〜12/31)

メールお待ちしております!
感想などいただけると嬉しいです

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記